不動産を相続される方は多くいらっしゃるにも関わらず、
手続きが複雑で、周りに相談できる人もいない、どこに聞けばいいのか分からないというお声をよく耳にします。
まずは、「不動産相続の流れ」を確認しましょう。

1.まずは誰が相続人なのか確認しましょう

◆ 遺言書が残されている場合は、遺言書に記載されている方が相続人になります。

◆ 遺言書が無い場合や、その記載が一部に限られている場合には、まず相続人が誰なのかを確認しなければなりません。
無用な争いを避けるために、民法で誰がどの割合で相続するかを定めています。
現在の法律では、被相続人の夫や妻は常に相続人となります。配偶者以外「法定相続人」の相続優先順位は、直系卑属→直系尊属→兄弟姉妹の順番で定めらています。

2.相続不動産がどこにどれだけあるか調べましょう

相続財産の中に不動産がある場合、「他人の所有になっていないか」「不動産はどこにあるのか」「他に被相続人は不動産を持っていないか」などを調査しなければなりません。
この調査がきちんと行われていないと、不動産の名義変更の際にスムーズに進まなかったり、問題が発生してしまうことがあります。
固定資産税の納税通知書や、名寄せ帳によって不動産の調査を行います。

3.「固定資産評価額」を確認しましょう

次は相続税額計算および遺産分割のために不動産の評価額を計算しなければなりません。
固定資産評価額については、国が定めた評価基準に基づいて市町村長が決めています。

4.実際に誰が何を相続するのかを決めましょう

ここで、遺産分割協議書に決定事項を記載し、「誰のものになったのか」を明確に分かるようにしなければなりません。
また、不動産の名義変更に際して必ず必要なものですので、きちんと遺産分割協議書の記載をしておかなくてはなりません。
その他、相続税の申告などの際にも必要になります。

5.不動産名義変更の手続きへ

遺産分割協議によって不動産の相続人が決まったら、次は名義変更の手続きに入ります。
まず、相続登記申請書という「不動産の名義変更を行うために申請する書類」を書きます。
この申請書については、法務局で受け取れるものではなく、申請者自らが白紙の状態から記載していかなければなりません。
※記載内容については法務省のホームページで確認することができます。

6.登記申請後の流れ

無事、不動産名義変更が完了したからと言って、安心していてはいけません。
登記完了後には、大切な書類が送られてきます。
登記申請を行ってから2週間ほどで名義変更が完了します。
登記申請書に押印した印鑑と身分証明書を持って法務局へ行くか、事前に返信用封筒を法務局に渡しておいて郵送してもらうことで完了後の書類を受け取りましょう。